笹団子の降る夜

読んだ漫画の感想を、自分勝手に書きます。

2. もののがたり

どーもー!ささっこです。


突然ですが皆さんは「背汗」という言葉をご存知ですか?ご存知ない方がほとんどだと思います。今僕が作った言葉です。

僕は結構汗っかきで、夏なんかはとにかく汗をかいちゃうんですけど、背中の汗「背汗」がね・・・ちょっと信じらんねーなっていうレベルで出るんですよ。

全体的に見て背中からだけ異様に汗が出るんです。いやもう背中だけビッチョビチョになりますよね。なりますよねっていうか、むしろ皆さんは違うんですかね?

グレーのTシャツ着て正面向いてて、おお今日はあんま汗かいてねーなとか思ってても、背中では地層が出来てますからね。背脂乗っちゃってる訳です。秋刀魚なのかよ。

周りの友達は僕と同じく理系なんで「褶曲構造で言う所の背斜地帯やね〜」とか言ってきたりしてね。ぶん殴ってやろうかと思ったりしましたけど。



という訳でそんな背汗野郎が読んだ漫画はこちら。



f:id:sasadangokko:20150925194834j:image


もののがたり / オニグンソウ(ヤングジャンプコミックス)

オススメ度:★★★☆☆




オニグンソウさんのもののがたりです。



あらすじ
付喪神…それは、古びた器物に心が宿った存在。付喪神に大切なモノを奪われ、憎む青年・岐兵馬。付喪神と共棲し“家族”として愛す少女・長月ぼたん。千年の都・京都で、二人は出逢い、暮らすことになるのだが…。三者交わる共同生活、前途多難な屋根の下。人と物。絆と恋の付喪ノ語り、此処に開幕。
(集英社マンガネットより)



まあ此処に開幕っていうか本当に開幕したばっかで、実はまだ2巻しか出てないんですよね。オススメ度が低いのは、まだまだ序章でストーリーはこれから!という場面が、どう転がっていくか分からんという不安さがあるからです。

でも今のところ安定して面白いんですよ・・・!個人的にですがとても期待しています。



主人公は「マレビト」という、この世の'物'に何らかの理由で意思を宿らせた「付喪神」と呼ばれる霊を、封印する仕事にをしています。

本来は付喪神との平和的な話し合いにより、合意の上で封印をしなければならないんですが・・・




f:id:sasadangokko:20150925233806j:image



出ました犬養毅状態。


話せば分かる〜!っていうのに、話す気全くないですからね。犬養毅もね、「問答無用!」
って言われながら銃弾を打ち込まれて亡くなったらしいんで。やっぱ暴力的なのっていけない、これは明らかな問題行動なんですよね。

この問題行動の裏には、付喪神が両親の仇という背景があります。両親が無残に殺された分、話せば分かる〜とか言う犬養毅付喪神だろうが何だろうが、付喪神根絶やしにしているわけです。


そんな問題のある尖った性格の†闇†主人公は、付喪神に両親を殺された境遇である自分とは逆に、付喪神に家族のように守られて生きる少女の家へと送られます。そのヒロインが。



f:id:sasadangokko:20150925235535j:image



めっちゃ可愛いんですよね。

一緒に暮らしたくね?俺も何かそういう、犬養毅を暗殺した人みたいな闇抱えて生きてったら一緒に暮らせるカンジなのかな?みたいな。そんな思いだけで僕は購入を決めました(表紙だけ見て)。



んで、推測ですがここからは主人公が付喪神とも生活を共にし、価値観を変え、成長してく展開でしょうかね。まだまだストーリーは見えてきてません。ホント序章なんです・・・まだ2巻の時点では。なので僕は買ってますけど、まだちょっと強くオススメは出来ません。いや面白いですけどね!




バトルシーンなどの絵も申し分なく上手い。。

f:id:sasadangokko:20150926001320j:image



仲間の付喪神もいいキャラしてます。



f:id:sasadangokko:20150926001938j:image




是非、気になったらチェックしてみて下さい!





f:id:sasadangokko:20150926002113j:image

俺も嬉しいわ。

 


ではまた楽しい休日を。