読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笹団子の降る夜

読んだ漫画の感想を、自分勝手に書きます。

12. 臆病の穴

どうも〜ささです!昨日は更新出来なくて申し訳ありませんでした・・・。


最近年末だからか少し忙しくなってきていて、来週も更新できるかどうか・・・分かりません。

このブログにもありがたいことに一昔前の小〇館の編集部みたいな担当さんがいつの間にかついていて、昨日更新しなかったことにより退学を勧められたっていう、そういう感じです。雷句誠が机殴った勢いで地割れ起こすレベルの鬼なんだけど。(でも飽きずに更新出来て、僕にとってはとてもありがたいです)

昨日も「どうせ5人くらいしか見てないからな〜」なんて思いながらアクセス履歴を見て、閲覧して下さる方が意外といて驚き極限焦ったラッシュ超絶地獄級でした。本当にありがとうございます。

来週からは、いや来年からはもうちょい本気で書こうと思うんで。このブログを通して、漫画の良さとか考察とか(してないけど)、能年玲奈さんの素晴らしさとかを大いに伝えられたらと思います。







ということで!今回の漫画はこちらです。








f:id:sasadangokko:20151219211949j:image

臆病の穴 / 史群アル仙(少年チャンピオンタップ!コミックス)

オススメ度:★★★★★


史群アル仙先生の臆病の穴です。



あらすじ
「愛」が無ければ「人」は…××××。
切なく心を揺さぶる、1話完結型オムニバス。
Twitterで話題沸騰中の新星、商業媒体初連載。
(チャンピオンタップ!公式サイトより)




はい、こちらの漫画はTwitterにて、ゆずずちゃん(@nyuzuzu)に紹介して頂きました。

彼女は腐・・・美少女JKであり、僕のTwitterのアイコンも描いてくださった方です。



f:id:sasadangokko:20151219224738j:image

凛々しい。好き。


そんなゆずずちゃんに紹介して頂いた漫画となれば、もうそれはそれは腐・・・めちゃくちゃ面白い漫画なんだろうなぁと。いや正直若干不安もありましたけど、信じて読んでみたんです。結果最高でした。


表紙の絵からも察することが出来るかも知れませんが、絵柄が昭和どころか、もう漫画の神様・手塚治虫先生の影響をバリバリ受けちゃってるんですよね!



f:id:sasadangokko:20151219230925j:image

とてもノスタルジックな絵柄。


その他、先日亡くなられた水木しげる先生や、おそ松さんの原作者である赤塚不二夫先生、他にもジョージ秋山先生、藤子F不二雄先生など、作者の史群アル仙先生がそういった方々の漫画を沢山読んで育ったみたいなので、まあこの絵柄と雰囲気は当然っちゃ当然なのでしょうか。

恐らく僕らと歳も変わらないはずなんですけど・・・。ドラゴンボールやワンピースじゃなくそこを読むなんて、すごい。



f:id:sasadangokko:20151219232747j:image

女性だったことにも驚きます。


基本的に通して大きな根幹となる話がある訳でもなく、オムニバスの、一話完結式の漫画となっております。

短編集みたいなものでしょうかね。しかもSFチックです。世にも奇妙な物語内の話の雰囲気と少し似ている、というとわかりやすいでしょうか。

ただ、テーマは一貫しています。帯にも書いてありましたが「愛」って何だ?と、読んでいるだけで心をぐらぐらさせてくるテーマです。


時には喜劇的に


f:id:sasadangokko:20151219230910j:image



時には悲劇的な話も交えつつ



f:id:sasadangokko:20151219231037j:image


何というか、1つ1つの話が色んな感情を持っているんですよ。

すごくポエム()的なことを言ってしまいましたが・・・。人の心の深層で、喜怒哀楽からさらに細分化されたような感情を、分かりやすく呼び起こされるような、そんな話が多いです。

「愛」って何だ?--そのそれぞれ話ごとの答えに、それぞれ違うはずなのに、納得してしまうんですよね・・・。



f:id:sasadangokko:20151219231651j:image

泣けてしまうことも多々。


あと先ほどのゆずずちゃん共々、面白いなと思ったのは、ノスタルジックな絵柄ながらやっぱり現代のお話なんですよね。漫画黎明期の作家方が、この時代に漫画を描いているかのようです。



f:id:sasadangokko:20151219231840j:image

スマホ(LINEのようなもの?)も登場する。




この漫画、まだ1巻しか出ていないということで、新進気鋭の漫画であります。絵柄はノスタルジックなそれですが、時に明るく、時にブラックなその内容共々、懐かしさと、めぐり巡った新しさを感じられます。

是非、書店にあったら手に取ってみて下さいね!

というか、普通にネットで全部読むことが出来るみたいです。凄すぎ。気になった方は公式サイトへGO!

臆病の穴 | Champion タップ!





f:id:sasadangokko:20151219232100j:image

最近の僕です(研究がヤバい)


ではまた来週お会いしましょー!