読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笹団子の降る夜

読んだ漫画の感想を、自分勝手に書きます。

番外編2 正月に読みたい!"短い"漫画

あけましておめでとうございます!ささです。

 

ブログ更新したいんですけど、なかなかね、なかなか忙しくて。薄々こうなるだろうとはおもってましたけど、やっぱりなという更新頻度です。すみません・・・。

 

今回はお正月スペシャルということで、年始に読みたい!〜3巻までですぐ終わるのにめちゃ心に残っちゃうヤツ10選〜を一つ一つ、短めに紹介しようと思います。良かったら参考にしてくださいね!ちなみに全て完結しております。

 


f:id:sasadangokko:20170103183859j:image

 

 

それでは行きます!順番には特に意味はありませんので〜。

 

 

 


f:id:sasadangokko:20170103184014j:image

外天楼 / 石黒正数(KCDXコミックス)

・全一巻

 

去年暮れに完結したそれ町石黒正数先生による短編ミステリー。最初はギャグ漫画のように始まるが、これが思いもよらぬ結末を迎えるとは・・・!一つ一つの別の話が、最後は結末へ収束していく、とても不思議で悲しいお話。それ町のほっこり具合とは真逆なんか〜い!とも思うけど。

 


f:id:sasadangokko:20170103184120j:image

水域 / 漆原友紀(アフタヌーンKCコミックス)

・全二巻

 

蟲師漆原友紀先生による短編。上下巻とある。夏の日、夢で出会う老人や子ども、そして夢の中で滞在する村、何度も夢で見るこのリアリティ溢れる光景は何なのか。夢と現実が交錯する物語。状況は「君の名は。」っぽいかもしれない。

 


f:id:sasadangokko:20170103184542j:image

サイコスタッフ / 水上悟志(まんがタイムKRコミックス)

・全一巻

 

努力と才能をテーマにした漫画。才能を見出されめちゃくちゃ凄い"サイコスタッフ"に選ばれても、サイコスタッフに興味の無い主人公は、勉学の才能溢れる普通の人間の友達に憧れる。何というか、そういうことってあるよね・・・。無駄な才能っていうか。

こちらはマンガ図書館Zで無料で読めてしまう作品。帰宅電車とかでサッと読めるぞ。

 


f:id:sasadangokko:20170103184743j:image

神様がうそをつく。/ 尾崎かおり(アフタヌーンKCコミックス)

・全一巻

 

以前ブログで紹介した、ある夏の日の少年少女の物語。転校先で浮いた雰囲気の彼女の秘密はとんでもないものだった。終わりはとても悲しい、でも嬉しい気持ちになれる漫画。というか、春夏秋冬どの季節も特有の切なさみたいなのってあるね。

 


f:id:sasadangokko:20170103184913j:image

夕焼けロケットペンシル / あさのゆきこ(MFコミックス)

・全三巻

 

文房具屋の女の子のお話。めちゃマニアックな文房具も出てきたり、ご近所さんや家族とのほっこり心温まるストーリーだったりである。「何で小学生が文房具屋しとんねん!」というツッコミは控えて読もう。あとお父さんのオタクの感じがとても懐かしい。

 


f:id:sasadangokko:20170103185003j:image

百万畳ラビリンス / たかみち(ヤングキングコミックス)

・全二巻 

 

こちらも以前ブログで紹介した、ある業界では有名なたかみち先生による作品。ゲームのような世界を旅する女性2人の物語。ただのゲーム好きの女の子が、おかしくなった世界を取り戻す為に奮起する。世界観をとても上手く取り扱っているなぁと感じる。

 


f:id:sasadangokko:20170103184902j:image

チャイナガール / 青山景・花形怜(ビッグコミックス)

・全一巻

 

「〜アルヨ」みたいなわざとらしい中国語は出てこない、魅力的なチャイナガールとの恋のお話。13億人の中のたった1人の彼女を果たして射止められるのか?ちなみに作画担当の青山景さんは若くして自殺してしまった。惜しい才能を無くした・・・とそっちも少し悲しくなる作品。

 



f:id:sasadangokko:20170103231742j:image

決してマネしないでください。/ 蛇蔵(モーニングKCコミックス)

・全三巻

 

理系男子必読!理系にはたまらない作品。もちろん文系の人でも大丈夫。格式張った教科書じゃ分からなかった科学やその歴史、科学界の偉人がエピソードの中ですごく面白く感じられる。理系学部あるあるも必見。かがくの ちからって すげー!

 


f:id:sasadangokko:20170103192023j:image

臆病の穴 / 史群アル仙(少年チャンピオンタップ!コミックス)

・全二巻

 

こちらも以前ブログで紹介した、史群アル仙先生によるオムニバス短編集。一つ一つが人間の心底のぐにゃぐにゃしたものをツンツン、おでんツンツンしてくる。現代なのに藤子F不二雄のような絵柄、そして良い意味で凄く複雑な気分になれる魅力的な漫画である。

 


f:id:sasadangokko:20170103192236j:image

ヒューマニタス / 山本亜季(ビッグコミックス)

・全一巻

 

発売はついこの間の注目作。様々なたたかう人間の姿を描ききった、ドキュメンタリーのような漫画。自分の命や気持ちを捨ててまで戦わなくてもいいのに、風習や、国や、民族や家族のため、やっぱり人間は戦わなくてはならない・・・というとても強いメッセージ性がある。

 

 

 

 

 

 

以上、10作品です!いかがでしたでしょうか。

ただどれも結構マイナーめなやつなんで、正月に読もうどころかそもそも見つからない可能性があるんですけど、そこらへんは申し訳ありませんが、近所のブックオフを信じてください。今は安売りキャンペーンもやってますしね!

 

 

それではまたお会いしましょう!皆さん良い1年でありますように〜〜!